カテゴリー: 子供達と

横山公園いかがでしょうか。

おススメ時間は日曜日の昼前あたり。

たくさんの人がウオーキングを楽しんでいます。

平和の原風景。ひろがっています。

横山公園は老若男女集まっています。バランスがいい気がするのです。公園は子供のものってだけじゃあない気がします。

ながい独身生活のため、「友人の家族とばったり会って、今どうしてるのよ?」などと聞かれるのを怖がっていました。私は勘違いをしていた。まぶしくていられないだろうと思ったのです。

いやいやこれは素晴らしい。きれいだしモクモクと歩けるし。大げさかもしれないけれど、200mごとにダイナミックに景色が変わる。上溝中学を卒業したのでさんざん見なれた公園だからと思っていたのですが、中学の脇を校庭を眺めながら森の中を歩いても、パッパと景色が変わって面白い。あら、いい公園じゃないの。

いわゆるチェアリングのひとも。芝生もあるし遊具もあるし、ベンチもあるし。

ゴミ拾いをしている人、バスケットボールをおいかける子供達。

この公園は平和そのものです。

穏やかな春の日差し。これほどかと。

散歩のコースに入れたなら上溝中学、上溝駅、上溝商店街に展開できますのでかなり行動範囲が広がります。この場所をハブにして広げるのがいいですね。

娘と電動自転車で横山公園に行き、上溝中学校の敷地テニスコートの近くでドングリを集めます。

中学校のグリーンロード(ランニングコース)の一部は少し傾斜になっておりまして大袈裟に言えば登山の雰囲気があります。

中学校の正門「日に進み日に新たなり」(上溝中学校歌の一部)の門柱を抜けて下る。きらぼし銀行を目指しながら、ケーエスホームの路地を右手に入った三軒目に&(アンド)ベーカリーがあります。そこでパンを買ってお土産にしました。ここのパンは娘も好きで、一口食べて、ムホッうまい。ではなく、全部食べ終わってからこのパンおいしいなと言わしめます。おススメです。お土産のパンはなんでもトースターで炙るのが好きです。

そのまま店を出て先に行くと昔は釣り堀のような池があったのですが、完全に私有地に勝手に入っていたので寛大な時代だったのかななんて思い出します。

忠実屋の裏の池。当時は別の呼び名でしたが、今でも小学生のころを思い出せる場所です。池は残念ながら今はありません。

帰り道に娘は疲れたみたいで、歩かなくなった娘を抱っこして自転車に戻りました。

こんなことを何回出来るだろう。そんなこと考えながら歩くのにもいい公園です。

仁社長

作成者:

上は中学生から下は乳児迄3児のパパと、横山で38年の不動産会社の社長を務めています。日々の気づきを発信していきます。 叱咤激励・応援メールはこちらまでお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です