カテゴリー: 子供達と

わたしのおじさんの介護の話 5

おじさんが亡くなりました。

胃瘻(いろう)しますか?

強い栄養の注射をしますか?

このあとの延命措置は少し考えておいてください

などと言われていたのですが

あっという間でした。

後半は息が細くなって

寝てばかりでした。

前日に気になっていたので

湘和会堂に見学に行きました

まさかその次の日だとは思いませんでした。

直後に大事だったこと

死亡診断書は看護師や医師が書いてくれるもの

そのあとの引き取りは斎場の人の力を借りないと

難しいと感じた。

亡くなった、さあ迎えに行こうではなくて

施設の場合、時間の調整は効く前提でうごいてしまおう

医師が来ないと死亡診断書が書けないのではない

施設にいる看護師が書ける

聴診器つけて医者が首を左右に振って「ご臨終です」

をやるのかと思ったのですが

平成29年から看護師も書けるようになったそうです

印鑑が三文判でもいいので用意しておくこと

事前に打ち合わせをしておいてよかった。

斎場に運ぶときは若手に任せて、

高齢者はついていかなくてよいこと

そこで段取りはほぼ決めることになる

お墓と宗派と連絡先とこっちの意向を

よく考えておくこと(これができてなかった)

50代くらいのおじさんが中心になって

段取りするべきだろうなと感じました。

事前に斎場との打ち合わせは行ったほうがいい。

ブログに書いたりして不謹慎かなと思ったのですが

お世話になったおじさんんから学ばせてもらおうと

いう姿勢で臨みました。誰かの役に立ったらいいなと

思いました。

私のような人間が他にもこれから急速に増えるのと

私がたくさんの人から支えられておじさんの介護に

向き合えたのはとても幸せなことでした。

何度もなんども心が折れそうになり

家族や会社や友人のおかげでここまでやってこれました。

一人じゃ無理だ。薄くてもいい、細くてもいいから

人数を増やそう。仲間を増やそう。話し相手を増やそう

言葉一つでまたやっていける。

一人でしょいこまないことが言葉は変ですが

うまくいったと思うのです。

私はおじさんが高齢になり、なんとなく認知症が始まった時から

できることはやる、できないことはやらないの

線引きを考えていました。

横浜から相模原に呼んだのも、私の都合でした。

介護施設も私がすべて選びました。

会社の経営と家族を優先しました。

残った力、余った時間でおじさんとむきあいました。

最初からそのつもりでした。

これで良かったのだろうかと思うことも

多々あり、コロナを言い訳に使ったことも

ありました。

サバサバとしたキャラクターで

おじさんを送るつもりでしたが

畳のうえでおじさんが寝ている様子を見て

堰を切ったように涙が出ました。

38年前母親が逝った際、私の枕元に

知らせに来てくれたおじさん。

親父は病院でその後の打ち合わせをしていた。

おじさんは私に知らせるために深夜に来てくれた

働き盛りで貿易会社の役員をされていた。

今よりももっと労働環境は厳しい時代に

たくさんの時間をうちの家族のために使ってくれた

施設に入る際に

「何か困ったことがあったらいつでも相談においで」

と話してくれた。

ながいあいだ私の相談役をしてくれありがとう。

何も知らない私に介護のチャンスをくれてありがとう。

これから私は30年くらい生きられたらいいな

生きたいなと考えていますが

今回のことで介護の一部はわかった気がします。

誰かの介護の役に立つように仕事や家族に知人に

なんかしらの協力のできる人間になりたいです。

包括支援センター、病院、施設、ケアマネージャー

斎場、もう数え上げたら何人のお世話になったかわからない

いい勉強をさせてもらいました。

ありがとうございます。

カテゴリー: 子供達と

アスリエ相模原 8月31日閉鎖

アスリエ相模原がなくなるそうです。

閉店の手紙が来ました。

奥さんがアスリエメンバーでして

ショックを受けていた。

残り時間に限りがあります。

隙間を惜しんで通ってゆくとのこと。

JNファミリーが先日なくなりまして

「困ったサウナ好き元JNメンバーは

アスリエメンバーになったのにまた閉鎖。」

って話をサウナでしてきたって

報告を受けました。

スポーツクラブ夢中になって通ったのも遠い昔

相模原ではアスリエ プールも設備もナンバーワンでした。

13年前の10周年記念のときは

何時に行ってもキラキラしていたんですが

残念です。

建物の老朽化と競合、いろいろあったと思うのです。

若いころの思い出の場所がまた一つなくなります。

たくさんの友人ができました。お付き合いの幅も広まりました。

踊って楽しいなんて感覚はここに入らないと

おぼえられなかったな。

優先順位が今はずいぶんと変わってしまいましたが

からだ動かして最高に楽しいと感じたのはここの

スタジオレッスンでした。

今までありがとうございます。

カテゴリー: 子供達と

宮ヶ瀬ダムにおじさんと若者が自転車で登る話

去年の暮れから7回ほど登っています。

1月2月は寒いのです。足先が冷えるのです。

体の中で出っ張っているところは全て

ちぎれるほど冷えます。

天界の様子はだいぶ下界とは違くって

ボトルの水も凍りつく。

靴にホッカイロを入れて

首に職人さんの使うネックウォーマーつけて

朝5時台にマクドナルド集合

そこからひたひたと自転車で登るのですが

日の出の前に集合ですので気合が大事

このツーリングは休憩が多いので半分漕いで半分だべっている。

朝から出発して10時には帰ってきます。

コンビニと宮ヶ瀬のダムのほとりと

愛川の卵屋さんと3回休憩をとります。

しかしそのたびにレースではないのですが

逃げて、追いかけて、勝負があるのです。

50前後のおっさんと20代の若者がそれぞれの

プライドをかけて走ります。

もちろん信号も守るし、交通ルールも守る

1日全てを自転車で終わらせることは許されていませんので

帰らないといけない。

待っている人がそれぞれいます

帰るのみならず、買い物、用事それぞれの使命がありますので

体力も残さないといけません。

燃え尽きてしまうことは許されない。

遊びも、その限られた時間を丁寧に過ごせると

満足度が高いなあと感じてきました。

時間を大事にするって、丁寧に過ごすこと。

春を探しにっていうとかっこつけすぎですが

一週間で景色がどんどん変わるのもこの時期

おもしろい。

その限られた時間だからいいんじゃないのと

思えるようになりました。

おじさんのツーリングに若者がついてきてくれるのは

いつまで続くのか。

カテゴリー: 子供達と

横山公園いかがでしょうか。

おススメ時間は日曜日の昼前あたり。

たくさんの人がウオーキングを楽しんでいます。

平和の原風景。ひろがっています。

横山公園は老若男女集まっています。バランスがいい気がするのです。公園は子供のものってだけじゃあない気がします。

ながい独身生活のため、「友人の家族とばったり会って、今どうしてるのよ?」などと聞かれるのを怖がっていました。私は勘違いをしていた。まぶしくていられないだろうと思ったのです。

いやいやこれは素晴らしい。きれいだしモクモクと歩けるし。大げさかもしれないけれど、200mごとにダイナミックに景色が変わる。上溝中学を卒業したのでさんざん見なれた公園だからと思っていたのですが、中学の脇を校庭を眺めながら森の中を歩いても、パッパと景色が変わって面白い。あら、いい公園じゃないの。

いわゆるチェアリングのひとも。芝生もあるし遊具もあるし、ベンチもあるし。

ゴミ拾いをしている人、バスケットボールをおいかける子供達。

この公園は平和そのものです。

穏やかな春の日差し。これほどかと。

散歩のコースに入れたなら上溝中学、上溝駅、上溝商店街に展開できますのでかなり行動範囲が広がります。この場所をハブにして広げるのがいいですね。

娘と電動自転車で横山公園に行き、上溝中学校の敷地テニスコートの近くでドングリを集めます。

中学校のグリーンロード(ランニングコース)の一部は少し傾斜になっておりまして大袈裟に言えば登山の雰囲気があります。

中学校の正門「日に進み日に新たなり」(上溝中学校歌の一部)の門柱を抜けて下る。きらぼし銀行を目指しながら、ケーエスホームの路地を右手に入った三軒目に&(アンド)ベーカリーがあります。そこでパンを買ってお土産にしました。ここのパンは娘も好きで、一口食べて、ムホッうまい。ではなく、全部食べ終わってからこのパンおいしいなと言わしめます。おススメです。お土産のパンはなんでもトースターで炙るのが好きです。

そのまま店を出て先に行くと昔は釣り堀のような池があったのですが、完全に私有地に勝手に入っていたので寛大な時代だったのかななんて思い出します。

忠実屋の裏の池。当時は別の呼び名でしたが、今でも小学生のころを思い出せる場所です。池は残念ながら今はありません。

帰り道に娘は疲れたみたいで、歩かなくなった娘を抱っこして自転車に戻りました。

こんなことを何回出来るだろう。そんなこと考えながら歩くのにもいい公園です。

カテゴリー: 子供達と

アポロ洗車。洗車屋さんの話

仕事中の独特の掛け声で元気がいい。

挨拶がとてもいい。仕事が丁寧でいい。

トイレがきれい。待合室がきれい。

いつも笑顔。

どこをとっても誉め言葉にあふれた洗車屋さんなのです。

私に言われなくっても。

先代も私も20年以上お世話になっております。

弊社営業担当が洗車をお願いして、「17時にはできあがります!」

という話だったのですが、接客が続き、車を取りに行けなかったのです。

車のカギには自宅のカギもついていたので、家にも帰れない!

あわてて向かいますが、アポロ洗車は18時閉店。

到着すると18時40分にもかかわらず、一台の車に照明が一つだけついていました。

スタッフ一人が残業で残っていてくれたそうです。

ちょうどその車が照らされていて、磨きこまれたアクアは販売店に並んでいるようにピカピカ。

スタッフさんは「お待ちしておりました」と迎えてくれたそうです。

近所ですし、電話して催促をされることもなく・・申し訳ございません。

忙しいのだろうと気を使っていただいたのでしょう。

小町通でリッツカールトンのようなおもてなしの洗車屋さん。

私どものはこの姿勢を学べるだろうか。

誰かにそうしろと言われてアポロ洗車のスタッフさんはこの行動だったのでしょうか。

いつも仕事がいいとは思いましたが、そこまでやるのか。この心意気があの仕事につながっているのだと感動しました。

ありがとうございます。

カテゴリー: 子供達と

銀行の支店長に「オリンピックやるんですかね?」と聞きました。

今この時期にオリンピックの話をします。

色々な答えが出てきます。

ここまできたのだからやった方がいい。
いやいや、人の命がかかっている。
海外からそんなお客様呼べるのか?
中止だよ中止。無理無理。

みんな来たいのかしら?

来たくないのかしら?

じゃあ辞退者だらけの大会は世界一を競ったといえるのか?

色々な意見がある。

今日現在開催国の首都圏は緊急事態宣言発令中だ。

私の意見はやりたいけどやれないのではないか

延期できれば延期して欲しい。

そんな中、こんなときだからこそ、スポーツの素晴らしさで元気つけて欲しい。開催して欲しいと言う人と会いました。

なるほどなと。無責任だと言う意見もあるでしょうが、どちらの道に行っても叩かれると言いますか、意見がわかれます。

このような正解がない中で物事を決めてゆく人にはたくさんのプレッシャーがかかるものです。

せめてその挙動をよく見て、決まった暁には

できる限り協力したい

ブログに書いていろいろな意見があるのはわかりますが、半年後にこの続きを書きたいです。

カテゴリー: 子供達と

スカイビュー星が丘

お客様ご契約いただきました!

やっぱり以前ご来店いただいたお客様の契約です。

希望にきっちり答えた好提案!

今回も中川担当頑張りました。半年前から何度か提案させて

頂きました。最初は賃貸のご案内だったそうです。

しかし、そこが渋谷商会の真骨頂です

賃貸から売買にレーンチェンジも同じ担当が対応できます。

逆に手ごろな売買物件を探していながら、見つからないから賃貸になんて話もよくあります。ワンストップでお部屋探しお手伝いさせていただきます。

A様ご契約ありがとうございます。中川担当おめでとうパチパチパチ~

上溝駅が最寄になるかと思います。

「はるな」のミックスグリルを頂き、帰りにお持ち帰りのドレッシングを買って帰るのを忘れずに。がっつりならば隣の「大勝軒」いわゆる池袋大勝軒とは違いますが、独自の中華を出してくれます。確認取れてませんがおそらくスカイビュー星が丘まで出前もしてもらえるかと思います。迅速の出前に驚くことでしょう。そのまた隣は「アベチアキ」コッペパンで行列を作る名店です。

一押しは八王子らーめんのあおき。久しぶりのスマッシュヒットで私ひと月に何回かお世話になっています。

築年数は古いのですが、スケルトンリフォームによって新しく生まれ変わった内装です。3DKを2LDKに変更しながら、この部屋の良さが出ています。専用庭がまた広くて、楽しく使えそうです。1Fでこの間取り、なかなかない物件です。

カテゴリー: 子供達と

事故は犯罪であるという考え方

通りすがりの駐車場の壁に 

事故は一瞬の見落としで起こる。事故は運転者の不注意であり事故は犯罪である。

とありました。

一瞬通り過ぎてから、元に戻って読み返しました。事故は犯罪であると言われてストンと落ちてゆかない何かがあった。

先日の池袋の暴走事故を見て大変胸を痛めました。誰もが悲しんだ。

私もハンドルを握る一人です。

そして妻がいて2歳の娘がいます。

さらに80歳を超える父親がいます。

ただかわいそうだなだけでなく、もしかしたら私の家族だったかもしれない。

もしかしたら私かもしれない。もしかしたら私の父かもしれない。

そんな立場になったかもしれないとグンと胸にのしかかりました。

あれから時間が経って今日見たこの言葉は、まずは私が覚悟しなければならない。

事故は犯罪である。

交通事故の出会い頭みたいなもので避けられなかったんだよ。のような比喩はもう使わない。

事故だからしょうがないって気持ちをやめよう。

少なくとも事故を「しょうがない」と自らに言うのはやめよう。

これから事故は犯罪だから絶対犯さない気持ちで運転する。
カテゴリー: 子供達と

新型車両5000系乗ってきました

京王線に乗ってびっくりした話なんですが。

最後に京王線に乗ったのが2020年2月13日でして10ヶ月ぶりに京王線に乗りました。驚きました。

座席が指定席のようです。この席に座っていたら

「俺の席に勝手に座らないでくれと」注意されるのではないか。

 私は間違えて小田急ロマンスカー的な何かに乗ってしまったのか?ドアを出たり入ったりした。勝手にすわっていていいわけない。だって席に番号がふってあるもの。怖いから隣の車両に乗ろうと、きっと隣の車両にはいつもの横並びの席があるのだろうと乗り移る。隣の車両でも、そのまた隣の車両も同じく肘掛付きのカップルシートだ。座ってそわそわしてまた立って隣の席へ。私の座るところを皆が見ているような気がする。視線が気になる。そのまた隣の車両に行っても、いけない、逃れられない。必死に仲間にメールを送る「この席座っていいのかしら・・」

携帯でヘルプメールを出して、5分もすると社長その席横並びの時は自由に座っていそうですよ。のメールが届きました。

会社に戻って調べてみると2月の22日から導入されたそうです。新幹線の席みたいに前方に向いている時は指定席になっているようです。かっこよすぎます。これから昔のような満員電車ではなくなって、一人一人のゆとりがある電車になってゆくってことでしょうか。その始まりを感じました。

肘掛が確実にもらえるこのシート。肘掛っていいですよね。腰のストレッチに体持ち上げたりできますし、このゆとりはありがたい。

予約を入れて多少金額がかかってもいい。きっとそんな声があったのでしょうか。新幹線の予約などが技術の元になったのかしら。

昔お父さんが若い頃は満員電車っていうのがあってなと子供に話すのかしら。

昔道路公団かなんかのテレビCMで「お父さんが若いころは渋滞ってあったんだよ」ってセリフを思い出しました。

京王線橋本駅から望むリニアの駅工事はまた度肝を抜かれました。これはやるなあ。この迫力が実業だな。国家事業の迫力に魅了されました。楽しみでありますが、いつになるのかな。

カテゴリー: 子供達と

スポーツクラブに入会しました。

新しいスポーツクラブ入会しました

24時間営業定休日なし!これはすごいことです。

ちなみに定休日が週に1度お休みがあった場合 一年間で48日休むことになります

それと年末年始、GW、夏季休暇、メンテナンス休暇などと言い出すと一般的なスポーツクラブは70日以上休むことがあります。そうすると実質営業しているのが夜中は営業していないうえに300日切ります。

朝会員がまた安いとのことでした。朝5時から10時まで使えるそうで、これは私の生活にぴったりだぞ。

喜んで入会しました。夜はやってない、朝もやってない、行ったら休みだった・・スポーツクラブあるあるだと思います。

私は自慢じゃないですが、アスリエ、ゴールドジム、オアシス、エニタイム、アトリオに入会したことのある

スポーツクラブ入会好きおじさんです。とにかく入会するのが大好きです。

入会してからほぼ毎日通っていますが、いい

すこぶるいい。朝一番の運動が今までにない満足感。

フリーWIFIが飛んでますのでネットみながらスマホ見ながら。フンフンウシウシ。

まあ、そこで気になったのは朝フェイスタイム使って(テレビ電話)会話している人がいるのです。

「気になるからやめてくれないか?」などと言うのはなかなかハードルが高い。

なぜならその人会話しながらとても楽しそうなんですよ。

機嫌がいいときは歌も歌う。

こっちはちょい気になってイライラしてますので、スポーツの効果はどうなるでしょう。かたや楽しそうにスポーツしてる人。かたやカリカリしている人。

しあわせと不幸の勝負。そんなもの勝てるわけがない。

気を散らしてはならない。渋谷集中しろ。どうすれば、どうすれば。

運営会社に電話して朝のメンバーに困った人がいるというべきか。しかし私のセンスにそれは合わない。

なぜなら、24時間営業のために人経費カットしないと運営できない。(であろう)

あえて店舗にスタッフ無人の策を取ってかろうじてこのサービスが成り立っている。(と思う)

自分のことは自分でしないといけないだろう。

カーネギーも人は変えられない、自分は変えられると言っている。

3000円のワイヤレスイヤホン買いました

若者のイヤホンはワイヤレスだなぁって最近思ってましたが、買う機会をもらいました。

スポティファイにも入りました。(一定額でいくらでも音楽聞けるアプリ)

非常に快適に自分の世界に入れました。

懐メロにもたくさん再会できました。

今では何を聞こうか考えるのが楽しみです。

あら、この展開はまさかの展開でした。すこぶるいい。

今後は知らないうちにランニングマシンで歌を歌わないよう気を付けなければいけません。