カテゴリー: 子供達と

宮ヶ瀬ダムにおじさんと若者が自転車で登る話

去年の暮れから7回ほど登っています。

1月2月は寒いのです。足先が冷えるのです。

体の中で出っ張っているところは全て

ちぎれるほど冷えます。

天界の様子はだいぶ下界とは違くって

ボトルの水も凍りつく。

靴にホッカイロを入れて

首に職人さんの使うネックウォーマーつけて

朝5時台にマクドナルド集合

そこからひたひたと自転車で登るのですが

日の出の前に集合ですので気合が大事

このツーリングは休憩が多いので半分漕いで半分だべっている。

朝から出発して10時には帰ってきます。

コンビニと宮ヶ瀬のダムのほとりと

愛川の卵屋さんと3回休憩をとります。

しかしそのたびにレースではないのですが

逃げて、追いかけて、勝負があるのです。

50前後のおっさんと20代の若者がそれぞれの

プライドをかけて走ります。

もちろん信号も守るし、交通ルールも守る

1日全てを自転車で終わらせることは許されていませんので

帰らないといけない。

待っている人がそれぞれいます

帰るのみならず、買い物、用事それぞれの使命がありますので

体力も残さないといけません。

燃え尽きてしまうことは許されない。

遊びも、その限られた時間を丁寧に過ごせると

満足度が高いなあと感じてきました。

時間を大事にするって、丁寧に過ごすこと。

春を探しにっていうとかっこつけすぎですが

一週間で景色がどんどん変わるのもこの時期

おもしろい。

その限られた時間だからいいんじゃないのと

思えるようになりました。

おじさんのツーリングに若者がついてきてくれるのは

いつまで続くのか。

仁社長

作成者:

上は中学生から下は乳児迄3児のパパと、横山で38年の不動産会社の社長を務めています。日々の気づきを発信していきます。 叱咤激励・応援メールはこちらまでお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です