カテゴリー: 健康 ダイエット

48歳のダイエットなんて 誰が読むんだって話 1

急におじさんが痩せると、病気を心配されると思うのですが

2021年3月6日からダイエット始めました。

いわゆる食事の時間を16時間開けるというものです。

最初の2日間トイレで大変なことになり

おなかのアンコがなくなりました。

プチ断食!!!

あっという間に2キロ減りました。

空腹時のぼんやりが心配でしたが

それも5日目には慣れました

その後10日間ほどで5キロ減

極端な結果はリバウンドをうむだろうな

その思いを今の所裏切り続けている。

ちょいちょいと断食の良さを教えてもらいながら

自分の体を支配下に、きちんとコントロール下に

置いている。

これは48歳で初めての感覚です。

ストレスで食べるとはよく言いますが

私は食べることがストレスだった。

食べることの罪悪感から解放されて

食事のありがたさ、食事への感謝が生まれました。

ナニこれ。お坊さんにお説教をもらったときの気持ち

朝型と16時間のプチ断食が私には良かった。

3000円で買ったスマート体重計

3800円で買った中華スマートウォッチ(万歩計しか見ていない)

2258円のコストコのミックスナッツ無塩

朝型と16時間の断食で

なんだかいろいろと許された感じ。

運動してないから痩せない。

食べるから痩せない。

この二つから解放された。

意志が弱いから 食べてしまう 続かない

根性がないから 食べてしまう 続かない

加齢だから   若い頃のようにはいかない

カロリー計算が守れない。

ポテトチップの呪縛からも解放された。

恥ずかしながら3月6日まで毎日一袋ポテチなど

スナック菓子を食べていました。

辛くて辛くて我慢して我慢して・・

その感覚が今はない。

食べ物の美味しさが、毎回激しいスポーツの後のような状態。

美味しい準備が万端で、味覚が鋭くなっている。

味の濃さが鼻につくようになった。

薄味を好むようになった。

ポテトチップを食べたいのではなく

別に食べなくてもよくなった。代わりに素焼きのナッツは

たくさん食べています。

夕飯を食べないで寝るなどできるわけないと

思い込んでいた。

夕飯が16時ですので家族と一緒に取れなくなったのが

一つだけネガティブですが、それ以外はいいことばっかり。

朝5時に起きて8時の朝ごはんが楽しみで

お腹を触るといつもよりもお腹の温度が熱いのです。

若い頃の代謝が高い頃のような

お腹の脂肪がグツグツ溶けているような

元来影響を受けやすい気質なので今回この気持ちになれたのは

いいねと。

「プチ断食いいじゃないの」って 

この気持ちを育てたい。

新しい餌を与えて、大きく育てたい。

少し歩いてみようかしら、自転車に乗ってみようかしら

少し食べ物こだわって納豆、キムチ、ヨーグルトとってみようかしら?

ある賢人に「成功の秘訣は小さな成功の積み重ねること」と言われていました。

減らすではなく断つ。まさかこれで始まるとは。

面白がっているので、悲壮感が出ないのが何より喜んでいます。

お金がかからないのも面白い。

食事がガーッと食べるのではなく、美味しい美味しいと言いながら

丁寧に食べるようになったかな。

痩せた私を見てやってください。

リバウンドをした私を励ましてください。

どっちになるかわかりませんが今の所順調です。

おじさんのブログを読んでいる

あなたにきっとおすすめです。一緒に楽しみましょう。

仁社長

作成者:

上は中学生から下は乳児迄3児のパパと、横山で38年の不動産会社の社長を務めています。日々の気づきを発信していきます。 叱咤激励・応援メールはこちらまでお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です